コンビニ倶楽部 スナック
| emiko.comトップ | 本文先頭にジャンプ

スナック

プリングルスライト

(不明)

プリングルスってなぜかP&Gが輸入してるのよね。もともと輸出用につくってるみたいで、韓国語やアラビア語がパッケージに書いてあるところがあやしげ。ライトには買いてないから、日本人専用ってこと?それにしても、脂肪分が今までの1/3カットっていうのはうれしい。フツーのプリングルスとの違いは、パキパキするところ。おせんべいをうすーくしたみたい・・・ささったら痛そう!この食感の違いに脂肪分減の秘密が隠されてるのかな。でも、カロリーはどうなの?安心していつもの3倍食べないでね、ダーリン。 10/1996

こんがり焼グラタン味

山芳製菓

カルビーのじゃがバターに基本は似てる。最初はちょっと甘めだけど、食べ続けると気にならなくなる。で、だんだんチーズの香りもしてくる。もうちょっとあっさりしてる方が好みです。 10/1996

シュガーベイビーバニラ味

明治製菓

甘いコーンスナック。あれ、これどっかで食べたことある。。。3口めで思い出した。ウェハースだ。ビールのおつまみには合わないけど、お茶受けに軽くひとつまみするにはいいと思う。これなら、メイプルシロップ味もなんとなく想像つくぞ。でも味の違いを袋に書いておいてほしかった。 9/1996

ア・ラ・ポテト・オニオンペッパー

カルビー

今年も来たよ収穫の秋。新じゃがを使ったア・ラ・ポテト、今年の新メニューはオニオンペッパー。話は変わるが、日本のポテチにはサワークリームアンドオニオン味とチーズ味がないのが不思議だ。アメリカではプリングルズはじめ複数のフレーバーを持ってるメーカーは定番なのに。サワークリームのせい?で、これもそう。オニオン&ペッパーと組み合わせたところが新鮮。シーズニングが手につかないくらい、ポテト優先の味付けでちょうどいい。味もほのかにペッパーが香る程度。こういう方が好き。ところで、ポテチの味付けってスパゲティーのメ[スが 9/1996

ケトルチップス ヨーグルト&グリーンオニオン味

Kettle Foods

かまどで揚げる手作り風チップス?風味も、サワークリーム&オニオンでなく、ヨーグルト&グリーンオニオン?あ、怪しすぎる、という気持ちが高じてつい買ってしまった。厚さはちょっと厚め。外観は気泡がごつごつ浮かんでてまずそー。しかも焦げたのがおおい。油ぎってる。値段は350円と高い。それなのに、それなのに、おいしい。この焦げたとこがじゃがいもの風味をひきだしていて、たまらなくおいしい。止まらない、というあっさり感でなく、じゃがいも素朴な風味攻撃で押してくるので、ちょっと食べては休んで、という感じでだんだんと減って 9/1996

さつま芋のCHIPS

カルビー

従来の袋型だと比較的割れやすい素材だからなのか、それともコスト面からか、はたまた流行なのか?カップ型の容器を使用。種類はさつまいも、りんごとパイン、かぼちゃ・いんげん・じゃがいもの3つ。試しにさつまいもを買って見たけど、かりんとうのスライス。味つけはうすめというか、素材のまんま。さくさくというより、ばりんばりん、という硬さでちょっとつらい。もうちょっとバターきかせてほしかった。 9/1996

ラティスナチュラルチーズ味

コイケヤ

ラティスとは網目の意味。ア・ラ・ポテトと同じく片面はストライプだけど、裏と浮ニでカットの方向が違うので、網目のように見える。これは厚いところと薄いところのバランスがちょうどいい。加工の際の熱ムラもでないし、たぶん、コストパフォーマンスもいい。国「的にア・ラ・ポテトより割れにくいんじゃないと思うけど、もともとの芋が小さいから、一概には比較できないか。塩は赤穂の天然塩を使用。味は、チートスやカールのチーズ味をポテチに置き換えると想像つくはず。エダム系チーズだと思うが、もっとさっぱりしたのを使ったらよかったのに 9/1996

パルマンテ

カルビー

ドラクエのじゅ文にこんなのがあったけど、あれはパルプンテ。こちらはパルマンティエ。(Parmentier)という仏語からつけたんだって。フランス行ったことないので強いコメントはできないが、これがフランスの味?フランス人怒らないのだろうか?ハーブとガーリック風味というが、コンャ<pンチ味にパセリのっけたって感じ。新商品なのに一言で片づけられるなんて。もうちょっとがんばってね。ガーリックはそんなに臭わないので、職場で食べてもok。でも、こんなに新商品のでてるカルビーなのに、なぜこうも立て 9/1996

しそムーチョ

コイケヤ

アメチがアメリカでも勝負できる大リーグボールなら(そりゃアメリカのライセンスを受けて生産してるからだけど)、しそムーチョは夜の食卓に並んでも不思議じゃない、日本ならではのテイスト。薄切りカットと千切りタイプがあって、紫蘇の香りを楽しむなら千切りの方がおすすめ。がんばれしそムーチョ、ファンは多いぞ。 8/1996

ハラペーニョ&チェダー

カルビー

最初は普通のチーズ味かと思ったけど、後味のハラペーニョがトウガラシを物語っている。でも、いまいち。も一度買おうとは思わない。 8/1996
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36  37  38  39  40  41  42  43  44  45  46  47  48  49  50  51  52  53  54  55  56  57  58  59  60  61  62  63  64  65  66  67  68  69  70  71  72  73  74  75  76  77  78  79  80  81  82  83  84  85  86  87  88  89  90  91  92  93  94  95  96  97  98  99  100  [101]  102  103